作家、沖中泰子の真骨頂をごらんください。

多くが和筆を用いた墨絵です。集中力が頂点に達したときに一気に書き上げるその絵は、どこか神秘的にさえ見えます。